Quality Wedding Photo Books

準備不足にはならない?!結婚式場を決めるまでの手順


結婚式場を決めるまでの流れ

プロポーズや親への挨拶、婚約式などを終えると、いよいよ結婚式場選びです。理想のイメージを膨らませつつ、親や親族、友人などのゲストにも配慮した会場を選ぶことが大切です。まず結婚式場を決めるときには、どのような式にしたいなのかを二人で話し合います。挙げたい式のイメージや雰囲気、やりたいことや憧れの演出を言い合いましょう。なるべく相手に伝わるように具体的な言葉で表現したり、イメージする画像があればそれを見せます。

イメージがある程度決まったら、次は日取りとゲストの人数の確認です。結婚式を挙げる時期を決めて、どのくらいの人数を呼ぶことになるのかを考えます。親に呼ぶことになる親族の数も教えて貰って、ゲスト全員が収容される会場の広さもチェックします。また人数をある程度決めておけば、予想されるご祝儀の金額も分かるので、予算も決めやすくなるのです。

気になる会場をいくつかピックアップして、候補を出しておきましょう。見学などをして会場を絞り込んで、最終決定をする流れです。

ブライダルフェアも活用する

結婚式場を決定する手順の中で、見学することは後悔のない式場選びをするためにも欠かせません。気軽に式場を見学することが出来る方法として、ブライダルフェアへの参加があります。ブライダルフェアは結婚式場をそのまま開放して、新郎新婦や親族などが自分の目で会場内のチェックをすることが出来るイベントです。模擬挙式や披露宴を見学したり、中には衣装の試着や料理の試食会もあります。自分たちの目で雰囲気を確認することができ、イメージ通りの式になるのかチェック出来るのがブライダルフェアの良いところです。

名古屋の結婚式場は演出や引き出物が目立ちます。プランナーの人と相談して知識を学ぶことがポイントです。